フィナステリドの効果を超えるとされる「デュタステライド」

フィナステリドが男性型脱毛症を抑える効果があることは先に述べたとおりです。

 

 

実はもうひとつ、フィナステリドと同様の効果をもち、認可が期待されていた成分がありました。

 

 

GlaxoSmithKline社のデュタステライドです。

 

 

デュタステリドは元々良性前立腺肥大(BPH)の治療薬として開発されました。

 

 

のちに「ジヒドロテストステロン阻害薬」として発表されたものの、公式認可のための臨床実験は進まず、現在、米国でもの公式認可は得ていません。

 

 

デュタステライドはフィナステリドと効能が同じで、5αリダクターゼを阻害することに加え、薬効の強さが知られています。

 

 

そのため、公式発表はされていないものの、その効能はフィナステリドの1.5倍といわれています。

 

 

あくまでもデュタステライドは「前立腺肥大治療用」

 

デュタステライド含有のオリジナル商品である「アボダート」(GlaxoSmithKline社製造販売)が有名です。

 

 

「アボダード」はデュタステライドの含有量を0.5mgに抑えています。

 

 

もともとの効き目はフィナステリドより強いといわれながらも、同等程度の効能におさめてあるわけです。

 

 

ここんとこ、興味深いでしょ?

 

 

ようは、悪いこと言わないから、プロペシアかプロペシアジェネリックにしとけってことですよ。

 

 

この薬は、もともと育毛用の医薬品でなく、前立腺肥大の治療薬であることで開発されていることをよくよく理解しろということですね。

 

 

育毛医薬品として個人輸入代行業者から購入が可能ではありますが…

 

 

このデュタステライドも当然、フィナステリドのように、ミノキシジルと併用することは可能です。

 

 

薬効がプロペシアと薬効がほぼ同じですので、わざわざにデュタステライドを選ぶメリットはないと思いますけどね。

アボダートとアボダートジェネリック

アボダートは前立腺肥大治療薬として認可されています。

 

 

「アボダート」

 

ドイツGlaxoSmithKline社の正規品です。

 

アボダートは前立腺肥大(BPH)による残尿、排尿困難・頻尿などの治療薬として認可。

 

男性の脱毛症、薄毛の経口治療薬としては認可されていません。

 

しかしプロペシアと同じ脱毛防止効果があるといわれます。

 

Dutasteride(デュタステライド)0.5mgを配合しています。

 

>>ベストケンコーで「アボダート」を見る<<

 

>>オオサカ堂で「アボダート」を見る<<

 

 

「デュタス」

 

前立腺肥大治療薬アボダートのジェネリック医薬品。

 

インドのDr.Reddys Laboratories社製。

 

Dutasteride(デュタステライド)0.5mgを配合。

 

アボダードと同じ効能が見込めます。

 

日本では前立腺肥大治療薬としての取り扱い。

 

>>オオサカ堂で「デュタス」を見る<<

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

↓↓育毛化粧品一覧へ↓↓

育毛化粧品ランキングへ


↓↓育毛剤ランキングへ↓↓

育毛剤ランキング



トップページへ


 

トップへ戻る