抜け毛にはフィナステリド、発毛ならミノキシジル

フィナステリドは脱毛防止用の育毛医薬品

ブラシ

「フィナステリド(プロペシア)」は男性型脱毛症の作用を防ぎます。

 

 

その名の通り「脱毛症」を防ぐのですから、抜け毛対策にということですね。

 

 

フィナステリドの効果は、男性型脱毛症の原因である活性型男性ホルモン(ジヒドロテストステロン・DHT)の生成の過程に直接作用し、5αリダクターゼの作用を阻害します。

 

 

ただ、5αリダクターゼが活動し続ければ、発毛の邪魔もするわけですから、フィナステリドは脱毛期だけに使えばよいというわけではありません。

 

 

ハゲから、目に見える発毛をさせたいときは、やっぱり飲んでおかなくてはなりません。

 

 

育毛、発毛にずっと飲んでおかなくてはならない育毛医薬品なのです。

 

 

ミノキシジルは発毛させたい人が飲むのだが、なくても問題ない

 

「ミノキシジル」は特になくても問題はありません。

 

 

ミノキシジルは頭皮の毛細血管の血行を良くするための成分なんですが、抜け毛を防ぐなど「防止用」の育毛薬ではないからです。

 

 

ヘアサイクルがなくなっているわけではないので、産毛は生えてくるんですし、頭皮の血行を良くすれば、ミノキシジルのかわりになるものってありますからね。

 

 

まあ、そんなこといえば、育毛剤や育毛サプリを使っていれば、フィナステリドだっていらないじゃん。

 

 

ということになりますがね。

 

 

まあ、ミノキシジルは「脱毛抑制」をしたい、男性型脱毛症初期には全くいらないということですよ。

 

 

ハゲからの復活を目指す人用の育毛剤ですね。

 

 

ですから、男性型脱毛症の治療院で、完全ハゲから復活させる場合のみ、両方処方されますね。

 

 

脱毛初期段階は育毛剤、育毛サプリから!

 

男性型脱毛症が始まれば、そのままほおっておけばどんどん抜け毛が進行しますから、何かは始めなくてはなりません。

 

 

でも、いきなり「フィナステリド」投与から始めるのは現実的でないですね。

 

 

育毛剤、育毛医薬品から入ったほうが、副作用の心配もないですし、財布にもやさしいから良いと思いますよ。

 

 

最近は育毛剤も、育毛サプリメントも、発毛まで意識しています。

 

 

ですから、ミノキシジルとは少し視点は違いますが、フィナステリド以上に髪を守るあるいは、丈夫にするといったコンセプトは強くなっています。

 

 

体質によっては、フィナステリド以上の効果を叩きだすものもありますからね。

 

 

どういったことかというと、脱毛を止めるどころか、髪が丈夫に太く、つやつやになって、体調までよくなった、とか…
(僕のことですがwwww)

 

 

こんなふうに、わざわざ育毛剤や育毛サプリを飛び越えて、育毛医薬品を始めるのはあまりいいことではないかなと、僕は思っています。

 

 

何をやっても効果を感じない…

 

 

と感じるときは仕方ないですがね。

 

 

育毛剤、育毛サプリ早めに始めれば、育毛医薬品の出番はないと思いますけどね。

 

 

とりあえず、育毛医薬品をはじめるなら、

 

 

 

厚生労働省 準拠の個人輸入代理店

 

「ベストケンコー」

 

ベストケンコーホームページ

 

「オオサカ堂」(※オオサカ堂へは下のバナーをクリックしてください。)

 

 

 

ですね。

 

 

僕の調査の感触(汗)では、この2社以外は使わないほうが無難でしょう。

 

 

この2社の医薬品メーカー純正をマジ保証しており、人当たりもよいです。

 

 

信頼できますね。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

↓↓育毛化粧品一覧へ↓↓

育毛化粧品ランキングへ


↓↓育毛剤ランキングへ↓↓

育毛剤ランキング



トップページへ


 

トップへ戻る