フィナステリド(プロペシア)配合医薬品

本来、医師の処方が必要なフィナステリド(プロペシア)

フィナステリドは医療用の医薬品であり、日本国内で一般薬としての販売はありません。

 

 

医師の処方箋が必要です。

 

 

しかし、「ハゲ」が一般的に病気とは認められていないため、他の医療用医薬品とは異なり、健康保険で算定されません。

 

 

ですから薬剤費はもとより、診療費、調剤料などは全額自己負担になってしまいます。

 

 

薬効が続く程度を毎月処方箋として出してもらえば、毎月10,000円~15,000円程度を負担しなくてはなりません。

 

 

一度は診察。あとは個人輸入。

 

そこで個人輸入販売業者を使い、個人輸入することが認められています。

 

 

つまり、一度診察してもらって、どの薬剤をどの程度投薬すればいいか把握できれば、インターネットで購入していいんじゃないの?

 

 

ということなんですよ。

 

 

個人輸入といってもインターネット上の店舗で通常の通販のように購入手続きをするだけですから、簡単ですし、当然処方してもらうより安いです。

 

 

またフィナステリドはすでに特許期間が切れているので、オリジナルより開発費を差し引くような感じで安く販売されている同じ効能の「ジェネリック医薬品」があります。

 

 

ジェネリック医薬品ならば同じ効果で安い価格で入手することが可能ですので、医師に処方してもらうよりは、ますます「びっくり価格」並みに安く手に入りやすいのです。

 

 

厚生労働省 準拠の個人輸入代理店

 

 

「ベストケンコー」

 

ベストケンコーホームページ

 

「オオサカ堂販売ページ」(※オオサカ堂へは下のバナーをクリックしてください。)

 

 

 

で購入するのがいいでしょうね。

 

 

クレジットも使えるし、ポイントもたまります。

 

 

安くてお得で、いろんな相談に乗ってもらえるので、使い勝手もいいですよ。

 

 

濃度にはくれぐれも注意

 

まさか、処方してもらうフィナステリドと違った濃度のものを買うなんてことはないと思いますが、一応注意しておきます。

 

 

プロペシアを発売する製薬会社MSDによって臨床試験が行われており、副作用の内容が公表されています。

 

フィナステリドの副作用なのですが、

 

 

1mg のプロペシアで胃部不快感、性欲減退など 5%程度の副作用が認められたとされます。

 

 

また後に頻度不明ながら、肝機能障害が起こり得るの注意を追加しています。

 

 

なお、1mgは1日の上限量であり、この量を一度に飲むということは認められませんし、それ以上の濃度のプロペシアが処方されることもないはずです。

 

 

個人輸入ではなぜか、2mgも見かけますが、決して手を出さないように。

 

 

インターネットで購入する場合は、自己責任で!という風潮はどこかにあります。

 

 

注意書きはしてあるのに…買うほうが悪い!と言われかねませんからね!

 

 

まさかとは思いますが、妊婦さんや未成年に与えないでくださいね

 

まさか与えることはないとは思いますが…

 

 

また、妊娠の可能性がある女性には投薬禁止です。

 

 

胎児に影響があるといわれるからです。
(避妊をしている女性には処方されることがあります)

 

 

成人以下の男性にも処方されません。

 

 

まれに、妊娠のストレスで抜け毛が増えたとか、高校生で脱毛が始まってしまう、毛深い未成年とか、いますけど…

 

 

  • 同情した
  •  

  • 頼まれた

 

 

で、医薬品を提供しないでくださいね。

 

 

なんかあったら、大変なトラブルになりますから!

プロペシアとプロペシアジェネリック

このページでは、プロペシアとプロペシアジェネリックの製品紹介をしています。

 

プロペシアはジヒドロテストステロンの受容合成を抑えるものであり、発毛促進剤ではありません。

 

発毛効果を求めるならば「ロゲイン」「ロゲインジェネリック」も併用してください。

 

 

「プロペシア」

 

頭部の発毛を促進させ、抜毛の進行を食い止める成分として注目を浴びる成分、フィナステリド。

 

その「正規品」がMerck&社がリリースする「プロペシア」です。

 

世界で最も流通している、定番育毛医薬品です。

 

>>「ベストケンコー」で「プロペシア」を見る<<

 

>>オオサカ堂で「プロペシア」を見る<<

 

 

「フィンカー」

 

インド第2位の製薬会社、Cipla社が製造する、プロペシアと同じ成分フィナステリド1mgを含有した、AGA(男性型脱毛症)治療薬です。

 

国際基準を満たしている定番ジェネリック医薬品です。

 

錠剤のコーティングに日本未認可添加物のキノリンイエローの使用はなく、品質、価格ともにもっともお奨めのプロペシアジェネリック。

 

>>ベストケンコーで「フィンカー」を見る<<

 

>>オオサカ堂で「フィンカー」を見る

 

 

「フィナロ」

 

インドの有名製薬会社、Intas Pharmaceuticals Ltd社が製造する、プロペシアと同じ成分フィナステリド1mgを含有した、AGA(男性型脱毛症)治療薬です。

 

国際基準を満たしているジェネリック医薬品です。

 

錠剤のコーティングに日本未認可添加物のキノリンイエローの使用はなく、品質、価格ともにお奨め。

 

>>ベストケンコーで「フィナロ」を見る<<

 

>>オオサカ堂で「フィナロ」を見る<<

 

 

「フィンペシア」

 

インド第2位の製薬会社、Cipla社が製造する、プロペシアと同じ成分フィナステリド1mgを含有した、AGA(男性型脱毛症)治療薬です。

 

国際基準を満たしているジェネリック医薬品です。

 

錠剤のコーティングに日本未認可添加物のキノリンイエローの使用がありますが、欧米では認可済みです。

 

なお、新製品にはキノリンイエローが入りません。

 

>>ベストケンコーで「フィンペシア」を見る<<

 

>>オオサカ堂で「フィンペシア」を見る<<

 

前立腺肥大の治療薬として認可された「フィナステリド」

「プロスカー」

 

プロスカーは、プロペシアと同じメルク社が製薬したAGA(男性型脱毛症)治療薬です。

 

プロスカーは正規品でありながら価格も安いのですが育毛用でなく、前立腺肥大の治療薬。

 

フィナステリドの含有が5mgと多いので、1mgずつに割って服用することが必要。

 

やや面倒です。

 

くれぐれもそのまま飲用しない。

 

「確実に副作用がでます」から。

 

>>オオサカ堂で「プロスカー」を見る<<

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

↓↓育毛化粧品一覧へ↓↓

育毛化粧品ランキングへ


↓↓育毛剤ランキングへ↓↓

育毛剤ランキング



トップページへ


 

トップへ戻る