ミノキシジル(ロゲイン)配合医薬品

ミノキシジル(ロゲイン)配合医薬品の特徴

ミノキシジルは血管を拡張して血行を良くし、毛髪を作り出す毛乳頭への栄養補給をスムーズにすることにより、毛母細胞の細胞分裂をを促す成分です。

 

 

ようするに、「発毛用」ですね。

 

 

ミノキシジルはオリジナル商品名は「ロゲイン」ですが、日本メーカーの「大正製薬」が「リアップ」シリーズとして発売しているのは有名です。

 

 

発売した当時は、まさに「ハゲた男性の救世主」的な感じでした。

 

 

「リアップ」は薬剤師の処方により一般薬局での購入が可能です。

 

 

ただし、価格がやや高めなのが難点ですね。

 

 

ミノキシジル(ロゲイン)は個人輸入販売業者を使い、個人輸入することが認められている医薬品ですが、すでに特許期間を過ぎているので、海外にはジェネリック医薬品が出回っています。

 

 

ジェネリック医薬品はオリジナルである「ロゲイン」より開発費を差し引くような感じでかなり安く販売されているのでよいですね。

 

 

成分が同じなので効果のほどもまず変わりません。

 

 

輸入代行業者では、海外のミノキシジルを結構そろえてますから、濃度が高いものも売っています。

 

 

でも、ぜったいに5%までに抑えておきましょう。

 

 

本来、国内では5%までのミノキシジル薬しか販売は認められていませんから。

 

 

ミノキシジルの副作用

 

濃度5%を超えたミノキシジルを使用した場合、圧倒的に副作用が出やすくなります。

 

 

ミノキシジルは最も一般的な副作用は頭皮のかゆみとされています。

 

 

ミノキシジルは外用薬なのです。

 

 

頭皮に直接塗るのですがつけるのですが、まれにアレルギー反応が出る人がいます。

 

 

用法用量を超えて使い過ぎれば皮膚を異常化したり、血管の膨張しすぎによる低血圧状態になったりする恐れがあるので注意が必要です。

 

 

輸入代行業者に出回る、ミノキシジル内服薬は危険

 

なお、ミノキシジルについては内服薬もありますが、日本国内では認可されていません。

 

 

用途が育毛用でないため、一般の人が使えば非常に危険なのです。

 

 

海外から個人輸入できるミノキシジルの内服薬「ロニテン」は、用途は高血圧の患者さんの血圧を下げるために使用するものなのです。

 

 

基本的には育毛用として使うのはNGなのですが、量的に少ないのであれば、育毛効果だけでなく、体全体の血行を良くするため、血行不良が引き起こす各種不調の改善にも効果が見込めるようです。

 

 

それでもまあ、使わないほうが無難ですね。

 

 

「触らぬ神に祟りなし」

 

 

ですよ!(・∀・)

 

 

ミノキシジルの購入は

 

 

厚生労働省 準拠の個人輸入代理店

 

「ベストケンコー」

 

ベストケンコーホームページ

 

「オオサカ堂販売ページ」(※オオサカ堂へは下のバナーをクリックしてください。)

 

 

 

がいいですね。

ロゲインとロゲインジェネリック

ミノキシジルはフィナステリドと効能が違い、血行促進、毛母細胞の活性化を促す成分です。
フィナステリドが「抜け毛」を防止し、ミノキシジルで発毛を促進するという使い方が一般的です。

頭皮につけるタイプ

「ロゲイン」

 

毛根に刺激を与えて血行を促す育毛剤医薬品。

 

ミノキシジル5%を含有した「ロゲイン」はJohnson and Johnson社の正規品で、世界で最も流通している育毛剤の1つです。

 

濃度を抑えた女性用もあります。(女性用は2%)

 

>>オオサカ堂で「ロゲイン」を見る<<

 

 

「ツゲイン5」

ツゲイン5個人輸入代行

 

インド第2位の製薬会社、Cipla社が製造する、「ロゲイン」のジェネリック医薬品。

 

「ロゲイン」より安く、品質は高いです。

 

濃度2%の「ツゲイン2」もあり、女性向け。

 

>>ベストケンコーで「ツゲイン5」を見る<<

 

飲むタイプ(日本では高血圧改善薬としてのみ認可)

「ロニテン」

 

飲むタイプのミノキシジル。 カナダ・ファイザー社製の正規品です。

 

皮膚に塗布するものより吸収が早いのが特徴。

 

でも怖いですね…。

 

>>ベストケンコーで「ロニテン」を見る<<

 

>>オオサカ堂で「ロニテン」を見る<<

 

 

「ロニタブ」

ミノキジシル,育毛

 

インドIntas Pharmaceuticals社のミノキシジル錠剤です。

 

「ロニテン」のジェネリック医薬品。

 

頭皮の毛細胞を活性化し発毛作用が見込めるとのこと。

 

参考程度に。

 

>>ベストケンコーで「ロニタブ」を見る<<

 

 

「ミノキシジル タブレット」

 

タイ製のTOファーマ社製のミノキシジルの錠剤です。「ロニテン」のジェネリック医薬品。

 

ミノキシジルの血管拡張作用が頭皮の血行を促進。

 

この錠剤、結構売れているらしい。

 

怖いもの知らずだな…

 

>>オオサカ堂で「ミノキシジルタブレット」を見る<<

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

↓↓育毛化粧品一覧へ↓↓

育毛化粧品ランキングへ


↓↓育毛剤ランキングへ↓↓

育毛剤ランキング



トップページへ


 

トップへ戻る